アルフォウ考察日記

アルフォウについて様々な考察などをしていきます。

【WIXOSS】アルフォウ考察・K1弾環境ブログまとめ編【K1弾環境】

こんにちは、伯方シオです。

 

まだまだ油断はできませんが、とりあえず先日の地震では無事でした。

 

日曜日にセレモニーに参加してきたので本当は大会レポを執筆する予定でしたが、初心者もびっくりのガバガバプレイングを披露し過去最低の結果に終わったので割愛させていただきます。

次回はきちんと汚名返上し、大会レポを執筆できたらなと思います。

 

 

 

今回はフルスクラッチ発売前日ということで今までのブログをまとめようと思います。

 

 

 

【本編】

curesalt.hatenablog.com

curesalt.hatenablog.com

curesalt.hatenablog.com

curesalt.hatenablog.com

 

紹介し忘れたカードなどもあり、加筆修正したい部分もございますが参考にしてくれた方もいらっしゃるようなのでとりあえずは満足しています。

 

 

 

【立ち回り編】

curesalt.hatenablog.com

curesalt.hatenablog.com

curesalt.hatenablog.com

curesalt.hatenablog.com

curesalt.hatenablog.com

 

とりあえずK1弾環境に比較的多く存在するデッキタイプを中心に執筆しました。

本当はトップメタのリワトやグズ子も書きたかったのですが、筆者が立ち回り教えて欲しいくらい苦手なもので…。

 

 

 

【デッキ診断編】

curesalt.hatenablog.com

curesalt.hatenablog.com

curesalt.hatenablog.com

curesalt.hatenablog.com

curesalt.hatenablog.com

curesalt.hatenablog.com

curesalt.hatenablog.com

curesalt.hatenablog.com

curesalt.hatenablog.com

 

とある方の提案で始めたシリーズです。

意外と好評だったのが今でも驚きです。

 

 

 

以上がK1弾環境で執筆したブログとなります。

K2弾環境はタマなどが強化される一方でアルフォウの強化はなさそうなので相変わらず厳しい環境となると思います。

 

K2弾環境が落ち着き次第また立ち回り編など執筆していくと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

 

 

それではまた。

【WIXOSS】アルフォウ考察・立ち回り対一掃アン編【K1弾環境】

こんばんは、伯方シオです。

 

スプラトゥーンの世界に早速タコが溢れていますね。

S+のガチマッチで1試合に平均1タコくらいです。

Xだともっと多いのでしょうか…?

 

 

さて、今回は対一層の一掃 アン=フォース編です。

ウィクロス/一層の一掃 アン=フォース(シークレット)/アンロックドセレクター

ほとんどのアルフォウ使いの方は苦手意識を持っているのではないでしょうか。

 

この対面に関してはドーナ以上にデッキ構築とプレイングが重要になってきます。

ツラい対面なので構築の段階から切ってしまうのもひとつの正解だと思います。

 

 

 

《序盤》

4に乗られると非常に堅いので序盤に点を取っておきたいところですが、ご存知マーライがそれを阻みます。

ウィクロス 水流の打落 *マーライ*(レア) サクシードセレクター(WX-14)/シングルカード WX14-034

序盤においてはケセパサよりも厄介な存在であり、まさに鉄壁です。

 

ただし、アン側も序盤の点取り能力はないのでダメージレースで負けないようしっかりとシグニを配置しましょう。

 

《中盤》

唯一アンが脆くなる3ターン目、ここで一気に攻めてしまいたいのですがチェロンが非常に邪魔になってきます。

WIXOSS-ウィクロス-/WX09-CB02 終末の回旋 チェロン R

マーライほどではないのでなんとかして点をもぎ取りましょう。

 

そして4ターン目、悪名高きコンテンポラが出てきますが、アルフォウにとって厄介なのはスイボクのほうです。

WIXOSS-ウィクロス-/WX04-035 不可解な誇超 コンテンポラ SR

WIXOSS-ウィクロス-/WX05-025 高尚たる一筆 スイボク SR

バニッシュでは何度でも戻ってきてしまいます。

そこでスイボクをトラッシュ送りにしてから安全にコンテンポラを処理します。

 

そのためパープル・スプラッシュ、クトゥル・アビス、スピリット・サルベージの3枚はここまで絶対に温存します。

 

《終盤》

アン側は如何にコンテンポラ、スイボク、マウスの盤面を維持するか。

アルフォウ側は如何にそれを崩すかの勝負になります。

ウィクロス 真実の聖盾*マウス*(スーパーレア) サクシードセレクター(WX-14)/シングルカード WX14-024

パープル・スプラッシュでマウスを8000マイナス、スイボクをトラッシュ送りにするのがベスト。

 

アン側は強力なエクシードを持っていますのでブルー・サジェストで封じてしまいます。

できれば最後はフルフルアサシンで多面要求して〆が理想です。

 

ここまででわかる通りトラッシュ枚数の調整が非常に大事な対面です。

パープル・スプラッシュもフルフルも有効活用しなければ勝つことは難しいでしょう。

ただし勝てない対面ではないので2、3ターン先までトラッシュの計算をしながら戦えば活路は見えてくると思います。

 

 

 

今回は以上となります。

それではまた。

【WIXOSS】アルフォウ考察・立ち回り対雪月華遊月編【K1弾環境】

こんばんは、伯方シオです。

 

前回打ち切りの話をしましたが、読者様の意見も聞きたいと思いTwitter上でアンケートを取りました。

f:id:salthakata:20180614180334p:plain

結果として「継続する」が過半数だったため今後も執筆することに決めました。

投票してくださったみなさん、改めてありがとうございます。

 

 

 

今回はリクエストをいただいたので対雪月華遊月編です。

ウィクロス/雪月華 遊月・参(ルリグレア)/ビトレイドセレクター

「リワトもお願いします。」と言われましたが、筆者自身リワトへの最適解を導き出せていないため今回はお断りさせていただきました。

 

さて、雪月華遊月に話を戻しますが、後攻だと不利対面です。

先攻だと有利なのか、と言われるとそうでもなく割りと運の絡む対面だと思っています。

 

《序盤》

まずマリガンですが、相手が雪月華遊月だとわかっている場合、もしくはスリーブで限りなく怪しい場合、サーバントをキープします。

ガードできるかできないかはこの対面では非常に重要です。

そして初手からハンドを公開する龍獣とノトトの組み合わせでガンガン点を取りにきます。

ウィクロス/幻竜 ディノス(コモン)/ビトレイドセレクター

ウィクロス/幻竜 #プロケラ#(コモン)/ビトレイドセレクター

ウィクロス/幻竜 ノトト(コモン)/ビトレイドセレクター

さすがに初手は受けるしかないですが、どうせ焼かれるので防御アーツは吐けるときに吐いてしまいます。

このときダーク・コグネイトだけは残すようにしましょう。

 

レベル2になるとご存知グリアナがエナを焼いてくるので、そのターンに使わない場合は黒以外をチャージしないように。

ウィクロス 幻竜 グリアナ(レア) チェインドセレクター(WX-10)/シングルカード

 

《中盤》

いよいよ運命の3ターン目です。

この直前に烈情の割裂を叩き込んでからリフレッシュを入れると少し楽になります。

 

3ターン目の相手の盤面は以下の通り

・ゲツァルゲツァルタルボ

・ゲツァルボルシャックタルボ

・ボルシャックボルシャックタルボ

WIXOSS-ウィクロス-/WX21-023 幻竜 ゲツァル SR

ウィクロス 幻竜 ボルシャック(レア) リプライドセレクター(WX-12)/シングルカード

WIXOSS-ウィクロス-/WX21-034 幻竜 タルボ R

 

この段階でこちらにエナがあれば龍滅連鎖、捲火重来でエナを絞ってくるため温存しておいたダーク・コグネイトで面を守ります。

ウィクロス 龍滅連鎖(シークレット) インサイテッド セレクター(WX-15)/シングルカード WX15-128

WIXOSS-ウィクロス-/PR-193 捲火重来

エナを絞られたターンが正念場です。

ボルシャックボルシャックタルボの盤面はダーク・コグネイトで2面守れない場合も多いですが、マイナスでダブルクラッシュを消すだけでも大きいです。

 

《終盤》

ここで油断できないのが嫌なところ。

最後にアレクサンドやイノセント・ディフェンスを絡めてバニッシュ耐性をつけたゲツァルでトドメを刺しにきます。

ウィクロス 限 赤 無二の征服 アレクサンド PR-308

WIXOSS-ウィクロス-/WXK01-006 イノセント・ディフェンス LR

ここをパープル・スプラッシュかブルー・サジェストで守りきれば晴れて勝利となります。

クトゥル・アビスでも守れますが多分撃てないです。

 

 

 

今回は以上となります。

本当にサーバントをどれだけ握れるかにもかかっているため、運の悪い筆者にはツラい対面です。

これでもしハンデスしてくるようになったら手がつけられませんね。

 

それではまた。

【WIXOSS】アルフォウ考察・立ち回り対虚無ウリス編【K1弾環境】

 こんにちは、伯方シオです。

 

まずお知らせがあります。

この立ち回り編ですが、打ち切りを考えております。

事情は色々ありますが自分のデッキの立ち回りを紹介したところで有益な情報を発信できないのではないか、というのが大きいです。

実際他の記事と比べて非常にアクセスが少ないので需要はないのでしょう…。

自己満足な記事になってしまったこと、深く反省しております。

 

とりあえず今回は対虚無ウリス編です。

WIXOSS-ウィクロス 【シークレット】虚無の閻魔 ウリス WX05-083

まさか環境に上がってくるなんて思ってもみませんでした…。

 

・トオン型散華経由

・トオン型紅蓮経由

・悪魔軸散華経由

この3つくらいが今ポピュラーでしょうか。

 

いずれもアルフォウ有利対面です。

ただしトオン型は運も絡みます。

積み込まれていないところから連続でトオン捲れたりしたら発狂しますね。

 

《序盤》

どの型も序盤は点取りシグニがいません。

出てきたセンベロとリンゼは冷静に処理しましょう。 

WIXOSS-ウィクロス-/WX18-080 下町の酔魔 センベロ C

ASIN:B0764C1R2V

 

そして西部の銃声を見かけ次第ブラック・コフィンで抜いてしまいます。

WIXOSS-ウィクロス-/WX11-042 西部の銃声 R

悪魔軸にはエニグマ・オーラが採用されているのでそちらを抜いたほうがいいのかと思いますが、筆者は安全のために銃を取り締まります。

WIXOSS-ウィクロス エニグマ・オーラ 【SR】WX02-028

どちらも抜くという選択肢はないです

スピリット・サルベージはまだ温存します。

 

《中盤》

ついに点取り要員、ナナンもしくはルチーフェロが出てきます。

WIXOSS-ウィクロス-/WX18-054 驚嘆の白煙 ナナン R

WIXOSS-ウィクロス-/WX20-074 堕落の才娘 ルチーフェロ C

どちらのパターンもパープル・スプラッシュなどで盾を守ります。

 

トオン型の場合は盾に仕込まれたトオンをリフレッシュで剥がします。

ウィクロス 音階の右律 トオン(スーパーレア) インキュベイトセレクター(WX-08)/シングルカード

ほぼ防御手段がトオンに頼りきりなのでこれでかなりツラいと思います。

 

そして4ターン目からはご存知ダイホウイカの登場です。

ウィクロス 幻水姫 ダイホウイカ(スーパーレア) リプライドセレクター(WX-12)/シングルカード

これはどの型でもメインアタッカーなので確実にでてきます。

ここは死なない程度に多少受けても構いません。

エナを温存しましょう。

 

そして返しのターン。

魔法の言葉「サジェストスピサルサジェスト」です。

WIXOSS-ウィクロス-/WD23-012-A ブルー・サジェスト

エクシードを全部剥がしてしまいましょう。

悪魔軸の場合は防御アーツをしっかり積んであるので多少苦戦しますが、ここまですればおおよそ攻めきれるでしょう。

 

 

《終盤》

 虚無には乗せません。

そもそも銃声を抜いた時点で相手側にも乗るメリットがないので乗らないです。

 

 

 

今回は以上となります。

冒頭でお話しした通り立ち回り編打ち切りを検討中ですので次回の更新は未定となります。

違う形でアルフォウの考察をできたらなぁとは思っているので、思いつき次第執筆するとは思います。

 

それではまた。

【WIXOSS】アルフォウ考察・立ち回り対ドーナFIFTH編【K1弾環境】

 こんにちは、伯方シオです。

 

今回は対ドーナFIFTH編です。

WIXOSS-ウィクロス-/WX21-001 ドーナ FIFTH LR

アルフォウ使いの方で「ドーナは無理」という声をよく聞くので真っ先に記事にしようと決めました。

 

筆者はアルフォウ側が微有利だと思っていますが、相手の構築に大きく左右されます。

・ケセパサの採用枚数。

・ヌラリの有無。

これ次第では不利どころか一気に無理ゲーと化します。

 

《序盤》

まずは出てきたケセパサを踏みます。

ウィクロス 幻怪 ケセパサ ディサイデッド セレクター(WX-16)/シングルカード WX16-053

ケセパサを採用していないデッキも少なからず存在するのでその場合はガンガン攻めましょう。

 

そしてゴースト・パーティーをブラック・コフィンで抜くか否か。

WIXOSS-ウィクロス-/WX22-Re03 ゴースト・パーティー Re

どうせ使えなくなってもネコマターで有効活用されてしまうのですが、少しでも動きを鈍らせるために筆者は抜きます。

 

《中盤》

黒デッキの天敵、フゥライが出てきます。

WIXOSS-ウィクロス-/WX20-023 幻怪 フゥライ SR

パワーマイナスが一切効きません。

コピー能力が非常に厄介なので、できればベンザイテンを立てて牽制しておきたいところ。

 

4ターン目以降は優秀なアタッカー、ネコマターに注意します。

WIXOSS-ウィクロス-/WX22-018 幻怪姫 ネコマター SR

ダーク・コグネイトを叩き込み、フゥライ共々バニッシュします。

ただし、ここで厄介なのがヌラリです。

ウィクロス 幻怪姫 ヌラリ スーパーレア インサイテッド セレクター WX-15 / シングルカード WX15-031

ダーク・コグネイトが効きません。

今は採用していないですがハロー・エフェクトも無効化されます。

2枚以上採用されていることはまずないので、リフレッシュを入れることで一旦フゥライのコピーを止めることはできます。

 

《終盤》

タマモゼンの効果によりルリグアタックが通らなくなります。

【シングルカード】WX21)幻怪妖姫 タマモゼン/白/SR/WX21-022

採用枚数は2枚だと思われますので、パープル・スプラッシュでトラッシュ送りと山落としで2枚とも山に返せればベスト。

コイン技とユキンコの併用で面を守ってくるため、スノークイーンを山に返す意味でもリフレッシュは重要です。

WIXOSS-ウィクロス-/WX20-035 幻怪 ユキンコ R

尚、オワレの存在でパープル・スプラッシュ以外でリフレッシュに追い込むのは非常に難しいため絶対に序盤で使ってしまわないようにしましょう。

WIXOSS-ウィクロス-/WX17-025 幻怪姫 オワレ SR

 

 

 

今回は以上となります。

結論からいうとヌラリの有無が一番大きいのと、ひとつのプレイングミスがかなり響く対面です。

ブルー・サジェストがハロー・エフェクトだったころのほうが勝率は安定していたので、戻そうか悩んでいるところです。

ヌラリ禁止にならないかな

次回は流行りの虚無ウリスの予定です。

 

それではまた。

【WIXOSS】アルフォウデッキ掲載・診断その9【K1弾環境】

こんにちは、伯方シオです。

 

今回はアルフォウ好きならお馴染みのカードサプライサークル「猫妨害」よりくだも様 から診断依頼をいただきました。

猫妨害様は夏コミ1日目東地区”ネ”ブロック-29aで参加されます。

夏コミに参加される方は是非足を運んでみてください。

 

 

 

そろそろ本題、まずはデッキレシピです。(2018/6/11現在)f:id:salthakata:20180610201352j:plain

【ルリグデッキ】

アルフォウ

宿業の花嫁 アルフォウ

簒奪の花嫁 アルフォウ

パープル・スプラッシュ

クトゥル・アビス

フォーカラー・マイアズマ

ダーク・コグネイト

ブラック・コフィン

インサイダー・サルベージ

ステアード・サルベージ 

 

【メインデッキ(LB)】

彷徨変異の小悪 サユラギ×4

不幸な豆拾い ハイカブリ×1

コードアンチ テキサハンマ×3

彷徨変異の中悪 シユラギ×3

怠惰の魔王 ベルフェゴール×1

千夜の夜王 イフリード×4

ドライ=ラミア×1

サーバントD4×1

サーバントT4×1

サーバントQ4×1

 

【メインデッキ(LBなし)】

疾走の魔鹿 フルフル×4

幻怪 ドアーフ×4

羅星 リンゼ×2

聖笏の威光 ハシュマル×1

デス・ブロッサム×4

烈情の割裂×1

サーバントO2×1

サーバントD2×1

サーバントT2×1

サーバントQ2×1

 

頂いた画像を頼りに書き出したので見間違い等ございましたらご指摘ください。

 

 

 

???もそうですが、ところどころに見えるサインカードが羨ましいですね。

今回はインサイダー・サルベージでアタッカーを回収しつつ、ドアーフでリソースを稼ぐデッキとなっております。

長期戦にも耐えうるアーツ構成となっており、立ち回り次第では広い範囲のデッキタイプを見られるのではないでしょうか。

正直言ってコンセプトを考えると非常に完成度が高く、差し替え案も特にないのですが一応紹介しておきます。

 

 

 

 【差し替え候補】

サーバントT4→サーバントT2

サーバントQ4→サーバントQ2

サーバントO2→サーバントO4

サーバントD2→サーバントD4

WIXOSS-ウィクロス-/SP32-030 サーバント T2

WIXOSS-ウィクロス-/SP32-027 サーバント Q2

WIXOSS-ウィクロス-/WDK02-019 サーバント O4

WIXOSS-ウィクロス-/WXK01-121 サーバント D4 C

前回とまったく同じ差し替え案となりますが、アルフォウでは場に出せないレベルのサーバントをパワーの高いLB有りにする必要はありません。

…と、言いながらも採用理由を真剣に考えてみたのですが一応マリガンでLB有りのサーバントをデッキに戻しやすいという利点がありました。

それを考慮した上でも差し替えをオススメします。

 

クトゥル・アビス→天一

ステアード・サルベージ→スピリット・サルベージ

ウィクロス 水天一碧(ルリグレア) サクシードセレクター(WX-14)/シングルカード WX14-005

WIXOSS-ウィクロス-/SP31-008 スピリット・サルベージ

差し替えるならセットでの差し替えになります。

ルリグ止めアーツがなくなるのは少し不安ですが、面を空けない防御が可能になります。

残念ながらトラッシュ送りが有効な一掃アンやドーナFIFTHには弱くなってしまいますが、グズ子やアロスピルルクに少し強くなります。 

 

 

 

かなり短くなりますが今回はこれで以上となります。

差し替え案が特に思い浮かばず申し訳ございません。

問題点などございましたらご自由にコメントお願いします。

「自分のデッキもお願いします」という方がいらっしゃいましたらお声かけください。

 

土日は更新できませんので悪しからず。

 

それではまた。

【WIXOSS】アルフォウ考察・立ち回り導入編【K1弾環境】

こんばんは、伯方シオです。

 

今回からは筆者のデッキを使用した立ち回り編です。

各デッキタイプ毎に紹介していきたいと思いますが、長くなるので小分けにしようと思います。

この記事は導入編ですので本当に軽く紹介するだけとなります。

 

 

 

筆者のデッキ(2018/6/8現在)

f:id:salthakata:20180607152303j:plain

【ルリグデッキ】

黒衣の花嫁 アルフォウ

宿業の花嫁 アルフォウ

簒奪の花嫁 アルフォウ

ブラック・コフィン

パープル・スプラッシュ

フォーカラー・マイアズマ

ダーク・コグネイト

クトゥル・アビス

スピリット・サルベージ

ブルー・サジェスト 

 

【メインデッキ(LB)】

彷徨変異の小悪 サユラギ×4

コードアンチ テキサハンマ×4

不幸な豆拾い ハイカブリ×2

彷徨変異の中悪 シユラギ×4

怠惰の魔王 ベルフェゴール×2

サーバントO3×3

サーバントD3×1

 

【メインデッキ(LBなし)】

疾走の魔鹿 フルフル×4

羅星 リンゼ×2

幻怪 ベンザイテン×1

聖笏の威光 ハシュマル×1

幻蟲 §ウミホタ§×2

TRICK OR TREAT×1

烈情の割裂×1

デス・ブロッサム×4

サーバントO2×2

サーバントT2×1

サーバントQ2×1

 

このデッキは基本、相手を速攻で倒すことをコンセプトにはしていません

実際おおよそ防御手段を使い切らせて勝つことが多いです。

 

マリガンは基本的にデス・ブロッサム、サユラギ、ハイカブリ、フルフル以外は全部戻します。(対戦相手のデッキタイプがわかっている場合少し変わってきたりしますが…。)

 

弱点としてはハンデスランデスに非常に脆く、まともに食らうと立て直せないこともしばしば。

 

メタカードが多く、所謂「地雷デッキ」と呼ばれるようなデッキに対しては比較的強く出られる構築となっています。

 

 

 

次回からは冒頭で触れた通り各デッキタイプに対する詳しい立ち回りの紹介になります。

もしもリクエストがございましても「まず勝てない」「筆者の経験が少ない」等でお応えできない場合もございます。ご了承ください。

恒例のデッキ診断も受け付けていますので何かございましたらお気軽にお声かけください。

それではまた。